HOME > 歯とお口のQ&A > 中学校に入学する頃にはお口の中はどんなふうになっているでしょうか。

ムシバゼロで中学生になろう

Q 中学校に入学する頃にはお口の中はどんなふうになっているでしょうか。
永久歯は、親知らずをを除いて全部で28本あります。
左右上下とも、真ん中から後ろへ、切歯(せっし、まえ歯ですね)2本、犬歯(糸切り歯です)1本、小臼歯2本、大臼歯2本、と7本ずつ並んでいます。親知らずは第三大臼歯といってその奥にはえますが、18才くらいでしょうか。人によってはえても役に立たない歯のことが多いので、ふつう7番目の歯まではえた段階で永久歯が全部はえた、と言うことが多いです。
奥のほうの親知らずを除く大臼歯2本のうち、6才頃はえるのが第一大臼歯、それが6才臼歯です。12才頃はえるのが第二大臼歯で、これを12才臼歯とよんでいます。
第一大臼歯がはえてから、その前の方の歯がはえかわって、最後に第二大臼歯が奥にはえ、永久歯の歯ならびが完成することになります。そうして、中学生になるころにはほぼ大人の歯並びになると言えましょう。
そうは言っても、人間の成長には6才頃よりも、もっと個人差が出てくるものですから、乳歯と永久歯のはえかわりや、第二大臼歯が出てくるのが、早い人も遅い人もいます。 ”必ずしも12才になったら第二大臼歯がはえてくるもの”、というわけではありませんので、12才臼歯と呼ぶのは適当でないという考え方もありますが、小学生から中学生になるという人生の節目の頃、第二大臼歯がはえて、お口の中が全部永久歯になる頃のこと、という観点でとらえていただき、これからの長い人生で使っていく永久歯を、一本一本大切に守る気持ちを、育てていってもらいたいと思います。

« ムシバゼロで中学生になろうカテゴリへ戻る

« 歯とお口のQ&A TOPへ戻る