HOME > 歯とお口のQ&A > その他、直接影響があるものはありますか。

歯周病

Q その他、直接影響があるものはありますか。
高齢者の方に多い、誤嚥性肺炎には注意が必要です。私たちは就寝中も唾液などを飲み込む嚥下反射というものが働いていますが、高齢者はこの反射が低下しているため、本来食道に入るべきモノが気管に入ってしまうことがあります。この結果、細菌が気管から肺に流れ込んでしまいます。
通常、肺に入った細菌は白血球などによって排除されますが、高齢者では免疫力が低下している場合が多く、肺炎を起こすことがあります。これが誤嚥性肺炎というものです。
特に歯周病が進行している高齢者の方は、多くの歯周病菌がいるため、誤嚥性肺炎になるリスクが高くなります

« 歯周病カテゴリへ戻る

« 歯とお口のQ&A TOPへ戻る